クルーズ客船・国際定期旅客船の魅力

クルーズ客船、国際定期旅客船の魅力をご紹介いたします。
下記のボタンをクリックしていただくと、それぞれの紹介ページをご覧いただけます。

クルーズ客船の魅力 国際定期旅客船の魅力
国際定期旅客船の魅力

洋上を楽しむ船の旅!

釜山に行こう! っと思い立ったら。
日本と韓国の雰囲気が混じり合うエキゾチックな船内。
船窓から見える風景がいつのまにか異国の色彩を放ちだす。
洋上の移ろいゆく眺めなど、船旅ならではの体験がいっぱい。
船内でくつろぎながら韓国・釜山への旅に。博多、下関、大阪から行こう!

クルーズ客船の魅力
船の旅ってどんな旅?
船上のワクワクがいっぱい

ページの後半には国際定期旅客船の楽しみ方を4コマ漫画でご紹介!
ぜひご覧ください。

海の道、釜山への行き方いろいろ

バリエーション豊かなルート洋上の雄大な景色のなかをゆったり進むフェリーや、さっそうと駆け抜けていく高速船など、船旅のスタイルはさまざま。
大阪~釜山、博多~釜山、下関~釜山などバリエーションも豊富。また、船内に持ち込む荷物の重量制限がゆるやかなのも船ならでは。

なにはともあれ!洋上からの景色を楽しもう!

博多航路なら~ カメリアライン JR九州高速船
船は博多湾を進む。志賀島や玄界島が大きくなりやがて小さく通り過ぎる風景を船上で眺める。海の自然の風景が眼前いっぱいに広がる風景も一度は楽しみたい。

下関航路なら~ 関釜フェリー
夜景の中を進む。海の道だからこそ見ることのできる風景の一つ。真っ暗な海上を進むフェリーと波を切る音を聞きながら。だんだん小さくなる美しい街の灯りを眺めよう。

大阪航路なら~ パンスターライン
日本で初めて国立公園の指定を受けた全国屈指の絶景を誇る瀬戸内海の多島美を満喫。心安らぐ美しい風景のなかをゆったり進む船から眺めるぜいたくなひとときを満喫しよう。

釜山港入港は昼も夜もgood!

釜山港に夕方入港するカメリアライン(18時)。季節によるが、だんだんと日が沈む中をゆっくりと釜山港に近づいていく。徐々に夕闇がせまるなかをゆったり進む風景は船旅ならでは。期間によっては花火を楽しむこともできる。また、朝に到着する関釜フェリー(8時)や午前10時と12時30分に釜山港に到着するパンスターラインは、明るい日差しを浴びる釜山の街の姿を眺めながらの入港が楽しめる。

船上で“食べる”しあわせ

旅に欠かせないのは、なんといっても「食べる」こと。本場の韓国料理が各フェリーそれぞれの味で提供されていたり、和・洋・韓国料理が勢ぞろいするフェリーもあります。
行きの船では旅先に思いを馳せ、帰りのフェリーでは思い出に浸りながら、たっぷり郷土料理を味わって。
船上のグルメを楽しもう!

フェリー航路では、ゆったりのんびり

船室はスイートルーム、特別室、特等室、1等室、2等室などがあり、好みに応じて選べる。
船内にはサロンやラウンジがあり、ゆっくりくつろげる。
大浴場があるフェリーでは、湯船に浸かって心身ともにのんびり。カラオケなどを楽しんでもいい。

お手頃価格で船旅ができる

フェリーでの船旅はとてもリーズナブル。料金はそれぞれの船室ごとに決まっていて、割引キャンペーンなども多彩。旅行のスケジュールにあわせて乗りたい船会社をチェックしよう。

1泊2日の海外旅行へ

博多から釜山へ。高速船は約3時間(片道)だから、1泊2日の旅も滞在時間がたっぷり。
船内も大きめのシートでとっても快適。
海上を約80キロメートルで駆ける爽快感も魅力。

TOPへ
TOPへ