クルーズアドバイザー

平成29年度クルーズセミナー(C.Cコース)の実施について

前のページへ戻る

クルーズアドバイザー認定委員会では、平成29年度クルーズセミナー(C.Cコース)を下記の通り実施しますので、ご案内致します。

クルーズセミナー受講願書送付ご希望の方(願書交付の受付は終了致しました)
はcc2017-template.pdfをダウンロードし、下記E-mail又はFAXに送信してください。

上記PDFファイルの閲覧には、Adobe Acrobat Readerが必要です。
Get Acrobat Reader

クルーズアドバイザー認定委員会〈事務局 (一社)日本外航客船協会〉
■E-mail:gogo@jopa.or.jp
■FAX:03-5275-3317

  クルーズアドバイザー制度は、クルーズ・コンサルタント(C.C)及びクルーズ・マスター(C.M)の2段階で構成され、クルーズ旅行に関するスペシャリストとして、主として旅行業界でご活躍頂く方のためのステップアップ式の資格認定制度です。
  本制度は、旅行会社に勤務される方々に、セミナーを通じてクルーズに関する専門的知識を修得して頂き、お客さまからの相談、質問に的確に対応することが出来、自信をもってクルーズ旅行商品を販売することが出来るようになることを目的としています。

1.クルーズセミナー(C.Cコース)の実施方法

「座学研修+修了試験(1日)」+「体験乗船研修(日本船1泊2日以上)」

座学研修終了後、引き続き修了試験を行います。試験合格後、クルーズアドバイザー認定委員会が指定する日本籍クルーズ客船による1泊2日以上の体験乗船研修に参加して頂き、これを修了すると、クルーズ・コンサルタント(C.C)として認定されます。体験乗船研修は、試験合格後、原則として1年以内に修了して頂きます。

2.受講(受験)資格

受講資格(次の(1)、または(2)、または(3)の要件のいずれかを満たしている方)

(1)既に総合旅程管理主任者(旧 一般旅行業務旅程管理主任者)の資格を取得している方(但し、平成7年度(1996年3月31日)までに総合旅行業務取扱管理者(旧 一般旅行業務取扱主任者)の資格を取得している方を含みます)。

(2)平成8年度(1996年4月1日)以降に総合旅行業務取扱管理者(旧 一般旅行業務取扱主任者)の資格を取得している方で、現に旅行業務に従事しているか、3年以上従事した経験のある方。

(3)現に旅行会社のカウンター業務に1年以上従事している方(但し、課長以上の上司によるカウンター業務従事歴の証明が必要です)。

平成26年(2014年)4月以降、クルーズセミナー前日までに社用又は個人的に、内外のクルーズ客船に乗船経験のある方、若しくは予定のある方については、申告によりその事実が確認された場合には、体験乗船研修が免除されます。

受験資格(座学研修免除の方)

(1)平成15年度~28年度までに実施したクルーズセミナー(C.Cコース)を受講(受験を含む)された方(「第1回~第9回ブラッシュ・アップ・クルーズセミナー(更新講習)」を受講しなかった方で、再取得を希望する方を含みます)。

(但し、再度座学研修の受講を希望される場合、受講を妨げるものではありません)

*平成26年(2014年)4月以降、クルーズセミナー前日までに社用又は個人的に、内外のクルーズ客船に乗船経験のある方、若しくは予定のある方については、申告によりその事実が確認された場合には、体験乗船研修が免除されます。



3.受講(受験)願書の交付

(1)交付開始日:平成29年6月19日(月)
※願書交付の受付は終了致しました

受講願書(受験のみの方も受講願書による)は、(一社)日本外航客船協会において交付します。送付を希望される場合には、別紙「クルーズセミナー受講願書送付依頼書」に必要事項をご記入の上、FAX、又はE-mailにて、(一社)日本外航客船協会事務局宛てに送信してください。
なお、送付依頼書は、原則として受講を希望される方が所属する旅行会社を通じて、まとめて提出してください。依頼書が到着次第、発送致します(交付開始日以降の発送となります)。又、送付依頼書の送信は、8月4日(金)までにお願い致します。


(2)受講(又は受験)申請に必要な用紙と枚数

①「受講願書」           受講者(又は受験者)1人につき   1部

②「受講料等郵便振替用紙」  必要枚数
(会社分を一括して振り込む場合には1枚、受講者(又は受験者)毎に振込む場合は、人数分が必要となります) 銀行振込を希望される場合は不要です(振込口座をご連絡致します)。

(3)受講願書交付場所:クルーズアドバイザー認定委員会事務局
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-6-4 海運ビル6F
(一社)日本外航客船協会内
TEL:03-5275-3710 FAX:03-5275-3317 E-mail:gogo@jopa.or.jp

事務局での配布は行っていません。郵送(宅急便含む)での交付のみと致します。

4.受講料と支払い方法

(1)受講料等
受講者の所属する旅行会社等が(一社)日本外航客船協会(JOPA)の会員である場合と非会員の場合では、受講料等が異なります(別紙、「(一社)日本外航客船協会会員会社及び会員扱い会社一覧」をご参照ください)。

 
会 員
非会員
1.座学研修受講料(クルーズ教本・受験料を含む)
11,000円
15,000円
2.受験料(修了試験のみを受験される方の場合)
3,000円
5,000円
3.体験乗船研修受講料(1泊当たりの乗船料)
20,000円
23,000円
4.資格認定料(認定証/プレート、バッジ、シール等)
5,000円
5.クルーズ教本代(座学免除の方で、購入を希望される場合)
3,000円

*平成28年度から、諸般の事情により、体験乗船研修料を値上げさせていただいておりますので、ご注意願います。

○「座学研修+修了試験」+「体験乗船研修」を受講される方
①受講願書提出時には、1.の座学研修受講料 11,000円(15,000円)を納めて頂きます。
②修了試験に合格された方につきましては、事務局から合格通知と共に、体験乗船研修受講料及び資格認定手数料の郵便振替用紙をお送りしますので、3.及び4.の金額 25,000円(28,000円)をまとめて納めて頂きます。
○「座学研修+修了試験」を受講される方
①受講願書提出時には、1.の座学研修受講料 11,000円(15,000円)を納めて頂きます。
②修了試験に合格された方につきましては、事務局から合格通知と共に、資格認定手数料の郵便振替用紙をお送りしますので、4.の金額 5,000円を納めて頂きます。
○「修了試験」+「体験乗船研修」を受講される方
①受験願書提出時には、2.の受験料 3,000円(5,000円)を納めて頂きます。クルーズ教本の購入を希望される場合は、6,000円(8,000円)を納めて頂きます。 ②修了試験に合格された方につきましては、事務局から合格通知と共に、体験乗船研修受講料及び資格認定手数料の郵便振替用紙をお送りしますので、3.及び4.の金額25,000円(28,000円)をまとめて納めて頂きます。
○「修了試験」のみを受験される方
①受験願書提出時には、2.の受験料 3,000円(5,000円)を納めて頂きます。クルーズ教本の購入を希望される場合は、6,000円(8,000円)を納めて頂きます。 ②修了試験に合格された方につきましては、事務局から合格通知と共に、資格認定手数料の郵便振替用紙をお送りしますので、4.の金額 5,000円を納めて頂きます。

(2)受講料等の納入方法
○座学研修受講料、もしくは受験料は、受講願書又は受験願書の提出前に納めて頂くことと致しますので、所定の振込用紙にて納付をお願いします。又、受講料等の振込に係る手数料は、受講者の負担とさせて頂きます。なお、願書提出後は、如何なる理由があっても、受講料(又は受験料)はお返ししません。 ○体験乗船研修受講料及び資格認定手数料は、修了試験に合格された後に納めて頂くことになりますので、座学研修受講料(又は受験料)と一緒にお振込みにならないでください。

5.受講願書の受付受付は、郵送のみとさせて頂きます)

(1)受付期間:平成29年7月3日(月)~8月18日(金)(当日消印有効)
*各会場とも、それぞれ定員に達し次第、締め切りとさせて頂きますので、ご注意願います。

(2)願書送付先:クルーズアドバイザー認定委員会事務局
         〒102-0093 東京都千代田区平河町2-6-4 海運ビル6F
                   (一社)日本外航客船協会内

旅行会社及び旅行業代理店に所属している受講者(又は受験者)の方は、原則として所属する旅行会社等にてお取まとめの上、提出してください。



6.受講票及び教材の送付

9月初旬頃から受講票及びセミナーに使用する研修教材(クルーズ教本)を送付致しますので、各々事前に学習しておいてください。
なお、研修教材は原則として受講者の所属する旅行会社毎にまとめて送付させて頂きます。

7.実施期日

受講地
実  施  日
受  講  会  場
定 員
東  京
平成29年10月06日(金) JTB本社ビル 20F大ホール
180名
日本海運倶楽部 2Fホール
200名
神  戸
平成29年10月14日(土) 神戸海洋博物館 1Fホール
280名
名古屋
平成29年10月14日(土) WINC AICHI902会議室
170名
福  岡
平成29年10月21日(土) 新KBCビル 3F会議室
60名
KBC会館 4F会議室
60名
札 幌
平成29年10月21日(土) アーバンネット札幌ビル3階会議室
100名

受講者は、「受講地」の選択は出来ますが、「受講会場」を選択することは出来ません。「受講会場」は、当委員会が決定し、「受講(受験)上の注意」に記載してお知らせ致します。

8.時間割

(1)事前学習を前提とする講義方式とします。
(2)座学研修及び修了試験の時間は、以下の通りです。
    定刻の5分前には、会場に入場してください。

 
時    間    割
内      容


09:10~09:20  (10分) セミナーの受講にあたって
09:20~10:40  (80分) 座 学
20分 休 憩・復 習 時 間
11:00~11:50  (50分) 座  学
11:50~13:00    (70分)  休 憩・昼 食 時 間


13:00~14:20  (80分) 座 学
20分 休 憩・復 習 時 間
14:40~15:40  (60分) 座 学 
10分 休 憩 (試験問題・解答用紙配布)
15:50~16:50  (60分) 修 了 試 験

9.座学研修の内容

クルーズについての一般的な専門知識

①クルーズの概念
②クルーズマーケットの現状と将来
③クルーズライフと初心者Q&A
④日本船
⑤外国船
⑥各船会社の割引制度とリピーター特典
⑦世界のクルーズ海域
⑧ショア・エクスカーション
⑨約款(クルーズ、F&C)、取消料保険
⑩その他(船内職種、セキュリティ、バリアフリー、日本のクルーズの傾向等)

10.修了試験の出題範囲

(1)クルーズについての一般的な専門知識(クルーズ教本及び座学研修の内容)
(2)旅行業法及び旅行業約款(座学研修では原則として触れません)

11.座学研修の修了試験合格と体験乗船研修の受講

(1)座学研修を受講し、修了試験に合格された方で、体験乗船研修に参加して頂くことが必要な方については、「クルーズ・コンサルタント(C.C)講習体験乗船クルーズ一覧」をお渡しします。本「一覧」に希望順位を記入して事務局へ提出すると共に、郵便振替用紙により、体験乗船研修受講料及び資格認定手数料を振り込んで頂きます(これらの手続きは、会社を通じて申し込まれた方については会社宛てに通知し、会社を通じてまとめて振り込んで頂くこととします)。

(2)体験乗船研修については、本船の受入れ人数との関連で、乗船して頂く客船・日時が希望に沿えない場合があります。第1希望が集中した場合は、抽選の上、乗船頂く船名・日時等を調整させて頂きます。

12.資格認定とその有効期間

修了試験に合格し、体験乗船研修を修了したことが確認された場合には、合格者本人に対し、クルーズアドバイザー認定委員会[(一社)日本外航客船協会、(一社)日本旅行業協会連名]による「認定証(プレート付き)」とバッジが交付されます。
又、名刺に貼る認定マークのシート5枚(1枚につき24マーク)を差し上げます(6枚目からは実費負担となります)。更に、認定者は認定マークを入れ、クルーズ・コンサルタントであることを名刺等にて表示することも出来ます。
なお、クルーズ・コンサルタントに係る「認定証」の有効期間は5年とし、5年毎に「ブラッシュ・アップ・クルーズセミナー(更新講習)を受講して頂きます。受講料は、3,000円とします。


ブラッシュ・アップ・クルーズセミナー(更新講習)は、クルーズ・コンサルタント(C.C)の資格取得後5年を経過し、認定証の更新を希望される方を対象に行うもので、クルーズを巡る最新の動き、新造船建造などによる市場の変化、事例研究など、クルーズアドバイザーとして必要な知識と能力の維持向上を図るための講習です。更新講習は、認定証の交付年度ごとに、毎年1回、パソコンを利用しての期間限定のE-Testingにより行います(ブラッシュ・アップ・クルーズセミナー(更新講習)の実施要領、申請方法等の詳細につきましては、別途HPでご案内致します)

  • クルーズをもっと身近に!手頃なクルーズ旅行
  • クルーズ客船の一般公開
  • JOPAクルーズ・キャンペーン
  • クルーズ体験レポート・お客様の声
  • クルーズ講座 クルーズ入門,クルーズ航辞苑,クルーズFAQ
  • クルーズ・オブ・ザ・イヤー
  • クルーズアドバイザー認定制度
  • JOPA&JATA共催「クルーズ販売セミナー」記録集