クルーズアドバイザー

関係者の声  私も期待しています

郵船クルーズ株式会社代表取締役社長 服部浩氏

服部 浩氏  
郵船クルーズ株式会社
代表取締役社長

お客様にご満足いただくために

昨今は日本の上質なクルーズ商品だけでなく、カジュアルな外国船のクルーズ商品も増えてきたことから、お客様にとっては選択肢が増えて、とても良いことだと思います。
今後は、お客様の好みや目的を把握して、お客さまにご満足いただけるクルーズ商品をお薦めすることが出来る知識を持つことが重要になってくると思います。
我々もクルーズアドバイザーの養成に協力させていただくと共に、お客様にご満足いただける商品づくりに努力して参ります。

商船三井客船株式会社代表取締役社長 山口直彦氏

山口直彦氏  
商船三井客船株式会社
代表取締役社長

自信を持って販売できる商品づくり

クルーズ・コンサルタント、クルーズ・マスターの皆さまには、クルーズ販売はもとより、マーケットの拡大やPRにご尽力いただき、感謝申し上げます。 今後ともクルーズ商品の価値を強く訴え、需要の掘り起しに努めていただければ、と期待しています。
価値観の多様化とともに、消費者の「本物志向」は益々強まってきています。
お客さまにとっても旅行会社の皆さまにとっても付加価値の高いクルーズを、自信を持って販売していただけますよう、私たちもクオリティーの高い商品づくりに努力して参ります。

日本クルーズ客船株式会社代表取締役社長 入谷泰生氏

入谷泰生氏  
日本クルーズ客船株式会社
代表取締役社長

自信を持ってお客さまにお勧めできるように

高齢化社会の進行や経済の成熟化に伴い、益々余暇を楽しむ層が増えてくることが予想されます。
クルーズマーケットを広げるためにも、十分説明できる知識を備えた販売員を養成することは急務であり、今後とも本制度の発展に期待しております。
我々も船上での研修の際に、船長や航海士、クルーズコーディネーターなど、実際に乗船している者が説明にあたるなど、クルーズに対するより深い興味と理解を得られるように、協力させていただきたいと思います。

一般社団法人日本旅行業協会理事長 志村 格氏

志村 格氏
一般社団法人
日本旅行業協会
理事長

クルーズアドバイザーは、次なるステージへ

クルーズ旅行は、近年、大型外国客船の日本発着クルーズの増加の増加に伴い、商品、価格が多様化し、これまでの限られた客層から幅広い客層に支持される旅行として定着しつつあります。
国としても観光立国を目指すなか、2015年にはクルーズ船で入国した外国人旅客数が100万人を超える等クルーズ振興に注力しており、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年には、訪日クルーズ客を500万人にすることを目標としています。
クルーズアドバイザー認定制度も、ここ数年1,000名を超える会員からの応募があり、有資格者も増加の一途を辿っております。今後、クルーズ旅行の発展の為、クルーズアドバイザーが欠くことの出来ない重要な役割を担う資格となるべく、次なるステージに向けて進んでいくことを期待いたします。

コスタ・クルーズ 日本支社長 糸川雄介氏

糸川雄介氏  
コスタ・クルーズ
日本支社長

クルーズアドバイザーが市場拡大の鍵

北米のクルーズ人口は、2000年の654万人から一貫して成長しており、現在は1000万人を優に超える水準となっています。
この背景には、クルーズ船社が毎年、最新鋭の船を就航させ、バリエーション豊かなコースを設定し、需要喚起に努めてきたことがありますが、業界団体のクルーズアドバイザー認定制度による旅行会社社員に対する教育が大きく貢献していることも事実です。
日本においてもクルーズ商品の充実化に加えて、旅行会社の方々にクルーズアドバイザーの資格を取得していただくことで、説得商品といわれるクルーズ商品を、分かりやすく説明していただくことが市場拡大に不可欠です。
外国の客船会社として、皆さまと協力してクルーズ市場を大きく発展させ、旅行の選択肢としてクルーズが市場を圧巻出来るように努力してまいります。

株式会社JTB 首都圏クルーズ事業部部長 西松千鶴子氏

西松千鶴子氏
株式会社JTB 首都圏
クルーズ事業部
部長

自らの価値向上のために

クルーズ商品がポピュラーとなり、お子様からシニアまで、どなたでもクルーズを体験できる時代が到来しました。これからは通常の旅行と同様にお客様のクルーズに対するニーズが多様化していきます。
クルーズ販売に携わる私たちはお客様がお求めになるクルーズを適切にご案内することでクルーズに対する満足度向上につなげていくことが大切です。
当資格取得の過程で得られる知識によって皆さま自身の価値や信頼を大きくし、一人でも多くのお客様にクルーズの魅力を伝えて頂ければと思います。

郵船トラベル会社クルーズ&テーマ旅行部部長 山﨑紀彦氏

山﨑紀彦氏  
郵船トラベル会社
執行役員

クルーズの伝道師、クルーズ・コンサルタント

クルーズアドバイザーの認定制度は、日本のクルーズ人口増加に大きく貢献しています。 大手から中小の旅行会社まで、多くの社員がクルーズ・コンサルタントの資格を取得し、クルーズ旅行商品の販売促進、市場の拡充・拡大に貢献していくことが使命です。
当資格を取得後、安心、安全、気まま、ときめき、感動等、クルーズの特徴、楽しさをお客様へお伝えしていただきます。

クルーズアドバイザー認定委員会委員長 小出文隆氏

小出文隆氏  
クルーズアドバイザー
認定委員会委員長
商船三井客船株式会社
取締役

お客様の満足度向上のためのクルーズアドバイザーが果たす役割

「クルーズ」が一般的な旅行となって、日々のテレビや新聞を賑わせ旅行会社の店頭でもパンフレットが恒常的に並び、お客様が手に取ってみることができるようになりました。
ご乗船経験のあるお客様が増え、経験も豊富になるにつれ、お勧めする側の知識も「広く、深く」が必要となって来ています。
クルーズ旅行のスペシャリストとして「クルーズアドバイザー」の資格を十分に活用いただいて、お客様への満足度向上に結びつけていただければ幸いです。