クルーズニュース

前のページへ戻る

クルーズニュース  2014.11

日本クルーズ客船、「ツアーグランプリ2014」を受賞

 日本クルーズ客船(入谷泰生社長)は、同社が運航する「ぱしふぃっくびいなす」(26,594総トン)の2013 年9月に実施した「釧路大漁どんぱく花火と三陸復興国立公園クルーズ」が、「ツアーグランプリ2014」の国 内・訪日旅行部門でグランプリを受賞したと発表した。  「ツアーグランプリ2014」とは、旅行業における企画力とマーケティング力の向上、「観光立国」の施策に 寄与することを目的に、海外旅行・国内旅行で最も優れた募集型・受注型企画旅行を表彰するもの。受賞理由 は、2013年に新たに指定された三陸復興国立公園地域にクルーズ船でアクセスすることで、東北復興への寄与 に貢献した点、また、各寄港地と協力し、きめ細やかな調整力を十分に発揮し、商品を造成した点などが評価 された。なお、表彰式は、平成26年9月27日、東京都国際展示場で行われたツーリズムEXPOジャパン2014会場 内で行われた。  「ツアーグランプリ」とは、旅行業における企画力とマーケティング力の向上、「観光立国」の施策に寄   与することを目的に、海外旅行・国内旅行で最も優れた募集型・受注型企画旅行を表彰するもので、通算   21回目。名称が2012年から「ツアーオブザイヤー」から「ツアーグランプリ」に名称が変わっている。主   催はツアーグランプリ実行委員会(後援:国土交通省、観光庁、一般社団法人日本旅行業協会、一般社団   法人日本旅行作家協会)。