クルーズニュース

前のページへ戻る

クルーズニュース  2017.05

みなと総研、クルーズ総合研究所を設立

 一般財団法人みなと総合研究財団は、近年の外国クルーズ船寄港の急増を踏まえて、わが国政府が、「訪日 クルーズ旅客数を2020年に500万人とする」という新たな目標を設定したことを踏まえ、同研究財団が、これ までの活動で蓄積した知識・知見、ノウハウ、ネットワークを活用して、その目標の実現とクルーズ振興を 通じた地域の活性化に寄与するため、本年4月1日から、みなと総研内に「クルーズ総合研究所」を設立する と発表した。なお、同研究所は、主な活動として、以下の業務を挙げている。  【クルーズに関する以下に掲げる業務】   ・調査研究。   ・情報の収集、蓄積及び提供。   ・指導、研修及び相談。   ・講演会、研究会の開催及び出版物の刊行。   ・国、地方公共団体、国際機関等に対する提言。