クルーズニュース

前のページへ戻る

クルーズニュース  2017.06

わが国の2016年のクルーズ人口は、過去最高の24.8万人!!

 国土交通省海事局(外航課)が6月2日に発表した2016年(1月~12月)のわが国クルーズ人口(外航クルー ズと国内クルーズを合わせた日本人乗客数)によると、外航クルーズは154,400人(前年比15.5%増)、国内 クルーズ(内航フェリー含む)が93,700人(前年比7.6%増)となり、過去最高の24.8万人を記録した。日本 船社運航の内訳をみると、飛鳥Ⅱによる世界一周クルーズの中止をはじめとするロングクルーズの減少等に より、外航クルーズ人口は、10,200人(前年比2.0%増)、内航クルーズが9万3,700人(前年比7.6%増)に 増加、旅行会社による大型外国船のチャータークルーズの実施に加えて、欧米系の外国クルーズ船社による 日本発着の自主クルーズが、新規参入会社もあったことからクルーズ本数の大幅に増加したこと等から、外 国船社運航による外航クルーズ人口も過去最高の144,200人(前年比16.6%増)となったことから、2016年の わが国のクルーズ人口は計248,100人(前年比12.4%増)で、前年より約27,300人増し、過去最高の約25万人 となった。  一方、人・泊ベースでは、日本船社運航による外航クルーズは109,300人・泊(前年比48.9%減)、外国船 社運航による外国クルーズが1,079,300人・泊(前年比6.3%増)、合計1,188,600人・泊(前年比3.3%減)、 国内クルーズが231,800人・泊、合計1,420,400人・泊(前年比3.0%減)と若干減少したものの高い水準を維持 している。また、その内容としてはワンナイトクルーズや3泊~4泊のショートクルーズが増加した一方、外航 では8泊以上のロングクルーズ、内航でも11泊以上のロングクルーズの減少がそれぞれ目立った。また、エリア 別乗客数では、アジア(極東ロシア含む)が減少する一方、北米、オセアニアの増加が目立った。  なお、2013年から調査を実施している、日本発着の外航クルーズを利用する外国人は、前年の14,300人から ほぼ倍増の27,300人となった。  ▼外航クルーズの動向-日本籍、外国籍船ともクルーズ本数の増加によりクルーズ人口が増加    日本船社運航船による外航クルーズの乗客数は、前述のとおりロングクルーズの減少等から、前年比   200人増の10,200人(2.0%増)となった。一方、外国船社運航船の乗客数は、旅行会社による大型船のチャ   ータークルーズの堅調な実施に加えて欧米系の外国クルーズ船社による日本発着自主クルーズの増加等に   より、前年比20,500人増の144,200人(16.6%増)となった。   ○目的別シェア-、レジャー目的以外も復活     外航クルーズの目的別シェアを見ると、レジャー目的がシェア全体の98.8%を占めているが、レジャー    目的以外のインセンティブが0.4%、セミナーが0.4%および団体旅行が0.3%とそれぞれ復活し、クルーズ    利用の多目的化が目立つ年となった。   ○クルーズ泊数-日本籍船の人・泊数は前年比48.9%減少したものの外国籍船は6.3%増加     外航クルーズの泊数を見ると、外国船社が行うショートクルーズを利用する者が多く、5泊~7泊が    73,300人(47.5%)と2年連続でシェアのトップ、これに8泊~13泊の30,100人(19.5%)を加えて5泊~    13泊のクルーズ利用客が全体の67.0%となったものの前年より比率は減少した。第三位が3泊~4泊の    22,100人(14.3%)、第四位が1泊の20,400人(13.2%)となっているほか、14泊以上のロングクルーズ    は前年より若干減少し4.5%となった。この結果、平均泊数は前年の9.2泊より1.5泊減少し、7.7泊となっ    た。なお、2泊は1,500人で前年より3,700人減少し、シェアも1.0%となった。一方。クルーズ客数に泊数    を単純に乗じた人泊数でみると、日本籍船が109,300人・泊(前年比48.9%減)となり大幅に減少したが、    外国籍船は1,079,300人・泊(前年比6.3%増)と増加したため、全体の人泊数は、前年より40,300人・    泊の減少にとどまった。   ○クルーズ・エリア、トップのアジア以外の地域が増加     クルーズ・エリアを日本籍船と外国籍船別に見ると、日本籍船は、アジア(極東ロシア含む)が8,000人    (78.4%)、オセアニア・ミクロネシアが2,000人(19.6%)、インド洋・アフリカ・中東が200人(2.0%)    等となっている。一方、外国籍船は、トップがアジアで41,500人(28.8%)となっており、以下、地中海    (エーゲ海・黒海)と北欧・バルト海がそれぞれ21,200人(14.7%)、北米が15,000人(10.4%)、カリ    ブ海が13,200人(9.2%)、オセアニア・ミクロネシアが9,600人(6.7%)、その他欧州が6,000人(4.2%)、    中南米(グアテマラ以南)が3,300人(2.3%)、その他が3,100人(2.1%)、アラスカが2,900人(2.0%)、    世界一周が2,600人(1.8%)、リバークルーズが2,400人(1.7%)、インド洋・アフリカ・中東が2,200人    (1.5%)等となっている。  ▼国内クルーズの動向-クルーズ本数の増加によりクルーズ人口も増加    国内クルーズの乗客数は、ロングクルーズの減少が国内クルーズ本数の増加につながり、前年比6,600人増   の93,700人(7.6%増)となった。泊数別の内訳は、3泊~4泊が31.5%、1泊が29.1%、2泊が26.5%、5~7泊が   8.3%、8~10泊が4.0%、11泊以上が0.6%となっているが、1泊と3泊~4泊の比率が大幅に増加したことが注目   される。人・泊数は、231,800人・泊(前年235,800人・泊)、平均泊数も2.5泊(前年2.7泊)とそれぞれ若干   減少した。目的別では、レジャー利用がシェア全体の94.2%(前年92.9%)を占め、団体旅行が3.8%(前年4.4%)   、インセンティブが1.0%(前年1.0%)、交流が1.0%(前年0.8%)であったが、セミナーおよびその他が0.0%で   あった。  ▼外航旅客定期航路動向-日本人乗客数、増加に転じる    日本発着の外航旅客定期航路(韓国、中国、ロシア航路/2017年4月現在13社8航路が運航)を利用した日本   人乗客数は、2015年に韓国で発生したMERS(中東呼吸器症候群)の影響により前年大幅に減少した利用者数   が回復したこと等により、前年比13,400人増の154,300人(9.5%増)と2010年以来の増加となった。