クルーズニュース

前のページへ戻る

クルーズニュース  2017.08

ディズニー・クルーズライン、3隻目のLNGを燃料とする客船を発注

 報道によると、ディズニー・クルーズラインは、ドイツのマイヤー・ベルフト造船所にLNGを燃料とする客船 (13万5,000総トン、客室数1,250室)1隻を2022年竣工予定で発注した。同社はすでにマイヤー・ベルフト造船 所に2021年と2023年就航の2隻のLNGを燃料とする客船を発注しており、この同型船となる。同社は現在4隻の客 船を運航しており、3隻目の新造船が就航する2023年には船隊が計7隻となる。