クルーズニュース

前のページへ戻る

クルーズニュース  2017.11

郵船クルーズ、飛鳥クルーズ第12代目の新船長を発表

 郵船クルーズ(服部 浩社長)は、2018年1月下旬から飛鳥クルーズ第12代船長に、現在、「飛鳥Ⅱ」の副船 長を務めている、堤 義晴氏が就任すると発表した。なお、第10代船長の増山 正己氏は、2017年12月26日から の「ニューイヤーサイパン・グアムクルーズ」をもって「飛鳥Ⅱ」を下船し、飛鳥クルーズの船長を卒業する。