クルーズニュース

前のページへ戻る

クルーズニュース  2018.02

■当協会、ジャパンボートショー2018に出展

 当協会は、クルーズ旅行の魅力をより多くの皆様に知っていただくことを目的とした各種広報活動を実施して いますが、今般、国土交通省が主導している「C to Sea(シー・トゥー・シ―)プロジェクト」()の趣旨に 賛同し、(一社)日本マリン事業協会が主催する「ジャパンボートショー2018」に、以下のとおり出展する。 「ジャパンボートショー2018」では、各出展社が展示するボートやヨットのほか、コーナー別の展開や主催者に よる企画展示、ステージでのマリン講座やトークショーなど見所満載となっている。  〇期  間:2018年3月8日(木)~3月11日(日)  〇会  場:パシフィコ横浜/横浜ベイサイドマリーナ  〇出展内容:  ①ブース出展   パネルの展示や、当協会の広報パンフレット「クルーズをもっと身近に」をはじめ、商船三井客船、日本   クルーズ客船、郵船クルーズ各社の総合パンフレットの配布  ②セミナーの実施   会場内セミナーブースにおいて、以下のとおりセミナーを実施する。   ・2018年3月9日(金)  15:00~16:00:幡野元飛鳥Ⅱ船長(郵船クルーズ株式会社)   ・2018年3月10日(土)15:00~16:00:村上船長(商船三井客船株式会社)   両セミナーともタイトル「クルーズの楽しさ」(予定)。  ホームページ:http://www.marine-jbia.or.jp/boatshow2018/event/umizemi.html C to Sea(シー・トゥー・シ―)プロジェクトとは  子供や若者をはじめとして、より多くの人に海や船の楽しさを知ってもらうため、国土交通省が2017年「海  の日」を機に「海と日本プロジェクト」の一環として開始した取り組みです。