クルーズニュース

前のページへ戻る

クルーズニュース  2018.12

金沢港と横浜港、クルーズ誘致に関する連携協定を締結したことを発表

 横浜市(林文子市長)と石川県(谷本県知事)は11月16日、横浜港と金沢港へのクルーズ船の誘致促進などで 連携する協定を結んだ。同協定は、①両港共同でのクルーズセミナー、船社の招へい、海外見本市の出展、船社 訪問など、国内外船社、旅行代理店等に対するポートセールスの実施、②金沢港、横浜港に寄港するクルーズ船 の乗客に対する両港共同での寄港地観光 PR、③その他両港のクルーズ船の誘致に資する活動の実施、などに取り 組むとしている。  また、金沢港では11月18日に無量寺埠頭におけるクルーズターミナルの起工式が行われ、待合スペースやCIQ (税関・出入国管理・検疫)機能を備えた新たなターミナル施設を2019年度中の安静を目指すとしている。